神田織音 Kanda Orine

講談
Koudan
高校時代から芝居の勉強を始め、十年程芝居に携わった後、講談師・神田香織に入門。2011年 真打に昇進。古典は言うまでもなく、福祉や相続、防災などの社会問題を題材にした新作講談に積極的に取り組む他、青春物や文芸物までその幅広いレパートリーは数知れない。落語会や地域寄席をはじめ、学校公演、ラジオ出演、企業のPRイベント等、講談という話芸を活かした様々な活動を全国各地で行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースリリース

  1. 当日の各プログラムの変更・中止等最新情報は公式ウェブサイト及び公式SNS(Twitter/Faceb…
  2. On the day of the event, we will announce program …
  3. 富山県南栃市城端の曳山祭では、各家で庵唄の「所望」をすると、巡行中の庵屋台と曳山(山車)が順にその家…
  4. 神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2016の開催に伴い、webサイトに情報を公開いたしました。情報が追…


過去の開催内容

PAGE TOP