#1 老舗「助六」の石井要吉さんに聞く

地元神楽坂商店街で大きなイベントとなると必ずマイクを持って活躍をされる、老舗履物店「助六」のご主人石井要吉さん。神楽坂通り商店会の副会長の立場にあり、当イベントでも2年目から毘沙門天善國寺の境内で司会進行役を見事にこなされてきました。その石井さんにお話を伺いました。

―最初に司会役を頼まれた時には、どんな感じでしたか?

正直言ってちょっと心配でした。というのは、私自身伝統芸能にそれほど詳しいわけではないので、うまくできるかなと。

―でも毎年神楽坂の毘沙門天で、節分の時や、「神楽坂まつり」の時にみごとな司会ぶりをお見かけしていますが。

あれは、いままで商店街でやってきた延長のことですから。伝統芸能のイベントの司会となると、私自身が清元をやっているとか、三味線を弾けるとか、そういうタイプの人間ではなくまったく無粋の人間ですから。難しいのではと思いました。それでも、神楽坂というまちに住んで、履物の商売をしていますから、日本文化を見直すイベントなら協力できることは協力したいと思ったのです。司会をするにあたっては、神楽坂生れの人間として地元と関係のあるコメントを少しでも入れる様に心がけています。 

神楽坂楽座小

―神楽坂は和の文化のまちといわれていますが。

ご存知のように、神楽坂には花柳界がありまして、着物が日常的に必要とされています。うちも代々草履や下駄など履物を扱ってきました。小唄や三味線、日本舞踊のお師匠さんも多く、お稽古場もたくさんあります。もちろん伝統芸能の演者さんも数多くいらして、人間国宝といわれる方も複数いらっしゃいます。そうした環境の中で、「しっかりやらないと」というプレッシャーはありました。

―昨年はシリル・コピーニさんと二人の司会(写真)でしたね。

二人で掛け合い漫才のような演出で、司会をやらせていただきました。シリルさんは、フランス人で落語パフォーマンスの人です。その彼が台本を持ってこられて、それをはずさないようにしながらアドリブもふんだんに入れていく、というものでした。芸達者なシリルさんが発展して、その上、無茶ぶりまでされて大脱線してしまいました。ほんとにシリルさんのアドリブはすごかったです。今年は、赤城神社はシリルさん、毘沙門天は私が担当することになっています。昨年の脱線ぶりへのあたたかい配慮でしょうか。

新内節にしても、江戸端唄の流れをくむ城端曳山祭の「庵唄」にしても、約300年の伝統を誇る芸能です。それを現代の人たちに伝えていくための司会役を果たせれば、それはうれしい限りです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースリリース

  1. 本日11月11日の「竹あかりワークショップ」は、予定通り実施いたします。なお、実施中に雨が降った…
  2. 明日11月11日実施予定の「竹あかりワークショップ」は、雨天の場合中止になります。実施判断は11…
  3. イベント当日の各プログラムの変更・中止等最新情報は公式ウェブサイト及び公式SNS(Twitter/F…
  4. 落語パフォーマンスの尻流複写二(シリル・コピーニ)と講談の神田鯉栄による寄席を、毘沙門天善国寺境内の…


過去の開催内容

PAGE TOP