#2 驚きと羨望の的?

全国自治体の文化事業や公共ホールの担当者にこの「神楽坂まち舞台」のご紹介をすると、「どうしてそんなことができるんですか?」と、皆さん驚きと疑問を投げかけてきます。それから「私たちのまちでもできるものなら…」と羨望の念を表わされます。神楽坂でできていることが、ややもすると普通だと慣れてしまいがちですが、実際に実施する段になるとたいへんなことなんだと思いました。神楽坂の条件が恵まれすぎているのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースリリース

  1. 当日の各プログラムの変更・中止等最新情報は公式ウェブサイト及び公式SNS(Twitter/Faceb…
  2. On the day of the event, we will announce program …
  3. 富山県南栃市城端の曳山祭では、各家で庵唄の「所望」をすると、巡行中の庵屋台と曳山(山車)が順にその家…
  4. 神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2016の開催に伴い、webサイトに情報を公開いたしました。情報が追…


過去の開催内容

PAGE TOP