【本祭】神楽坂楽座〜講釈場

その昔、人々が集う神社仏閣の境内などに設けられた講釈場からは、様々な情報が発信されました。その講釈場を毘沙門天善國寺境内に再現。若手講釈師による講談のほか、琵琶語り、浄瑠璃(義太夫節)、浪曲など伝統の語り芸を披露します。初めて触れる皆様にも、わかりやすい言葉、演目でお楽しみいただけます。

神楽坂楽座小

日時
平成30年11月11日(日)
11:30-16:30頃

場所
毘沙門天善國寺境内 特設ステージ

出演
竹本越孝 × 鶴澤寛也(義太夫節)
神田鯉栄(講談)
琵琶デュオ(薩摩琵琶)
玉川奈々福 × 沢村豊子(浪曲)
石井要吉(司会/助六店主)

参加料
無料

詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースリリース

  1. 神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2018は全プログラムを終了しました。二日間、多くの方にお越しいただき本…
  2. 本日、平成30(2018)年11月10日(土)の「竹あかりワークショップ」は、予定通り実施いたします…
  3. 落語パフォーマンスの尻流複写二(シリル・コピーニ)と講談の神田山緑による寄席を、毘沙門天善国寺境内の…
  4. イベント当日の各プログラムの変更・中止等最新情報は公式ウェブサイト、公式SNS(Twitter/Fa…


過去の開催内容

PAGE TOP