神田鯉栄(講談)

Kanda Riei (“Kodan” storytelling)
2001年、三代目神田松鯉に入門。06年、日本講談協会で二ツ目、同年(公社)落語芸術協会で二ツ目に昇進。現在、都内及び全国各地の寄席出演の傍ら、テレビ、ラジオ、ナレーションの他、勉強会の開催、講談を活かしたイベント、外国人への普及など幅広く活躍中。11年より草加文化大使としての活動も精力的に行っている。12年、イタリア各地の大学で実演。14年、「読売杯 争奪!二ツ目バトル」優勝。16年、真打昇進。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースリリース

  1. 神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2018は全プログラムを終了しました。二日間、多くの方にお越しいただき本…
  2. 本日、平成30(2018)年11月10日(土)の「竹あかりワークショップ」は、予定通り実施いたします…
  3. 落語パフォーマンスの尻流複写二(シリル・コピーニ)と講談の神田山緑による寄席を、毘沙門天善国寺境内の…
  4. イベント当日の各プログラムの変更・中止等最新情報は公式ウェブサイト、公式SNS(Twitter/Fa…


過去の開催内容

PAGE TOP