宝槌会(庵唄)

Houtetsu Kai (Johana folk performing art of Nanto City, Toyama Prefecture)
富山県南砺市城端で毎年5月4日・5日に開催される城端神明宮春季大祭の「曳山祭」(国指定・重要無形民俗文化財)。約300年の歴史を有し、絢爛豪華な曳山に加え、著名な歴史的料亭を模した庵屋台の中で地元若者たちにより唄われる庵唄は、江戸情緒豊かな端唄。三味線、篠笛による演奏も、地域的特色が加味され高い評価を得ている。今回は城端六町の中から東下町の若連中「宝槌会・たから連」を招聘。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースリリース

  1. 神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2018は全プログラムを終了しました。二日間、多くの方にお越しいただき本…
  2. 本日、平成30(2018)年11月10日(土)の「竹あかりワークショップ」は、予定通り実施いたします…
  3. 落語パフォーマンスの尻流複写二(シリル・コピーニ)と講談の神田山緑による寄席を、毘沙門天善国寺境内の…
  4. イベント当日の各プログラムの変更・中止等最新情報は公式ウェブサイト、公式SNS(Twitter/Fa…


過去の開催内容

PAGE TOP